本校の教育

教育目標   『共に生きる』 
 かしこく・・・よく聞き、よく考え、よく学ぶ子
 なかよく・・・自分を大切に、人を大切にまわりを大切にする子
 元気よく・・・明るい心、明るいあいさつ、たくましい体の子
本年度の教育スローガン  笑顔 いっぱい  あいさつ いっぱい
経営方針 ○命の教育を軸に、明るく楽しく過ごすことができる豊でたくましい心と体を育てる。
○学び合いによる授業を進め、自ら学び深く考え、主体的に行動する力を育てる。
○児童一人一人を大切にし、適切な指導・支援に努める。
本年度の

重点目標
1 学校経営
@児童一人一人に居場所があり、一人一人を大切にする学年・学級づくりを進める。
A教職員の和と創意を大切にした経営を推進し、教育活動の質の向上を図る。
B
教職員がそれぞれの使命と責任を自覚し、効率化を図りながら、職責を果たそうと努める。
C学校、家庭、地域との連携・協力を大切にし、開かれた学校づくりを推進する。

2 
学習指導
@基礎的・基本的な知識・技能の確実な定着を図る。
A指導目標を明確にし、分かる・楽しい授業を生み出す指導内容や指導方法、指導時間の工夫・改善に努める。
BICT機器を効果的に活用するとともに、学び合いの充実を図る。
C自分の考えをまとめたり、話したりする活動を取り入れ、学習の充実を図る。

3 道徳教育
@命を大切にし、人を思いやる心を育むため、心のふれあいや道徳的な体験を重視する。
A自ら考え判断し、責任ある行動がとれるよう「考え、議論する道徳」の授業を進める。

4 生徒指導
@一人一人を尊重し、あいさつや会話など、心のふれあいを基本とした学級・学年づくりに努める。
A日常の活動を大切にし、居場所のある温かい関係づくりに努める。
B「ハートフルタイム」や「いじめアンケート」、「心と体の健康チェック」などを活用し、いじめ・不登校・問題行動の予防と早期発見、解消に努め、全教職員が一致協力して温かい指導に心がける。


5 健康・安全教育
@「自分の命は自分で守る」という自覚と態度を身につけさせるとともに、学校内外で生活安全、交通安全、災害安全に対する意識を高め、実生活で生きる危険予測、回避能力の育成に努める。
A給食を食育に関して学習する場とし、感謝の心を育てるとともに、健康の自己管理能力を高める指導の充実に努める。

6 特別支援教育
@特別支援コーディーネーターを中心に、関係機関との連携を図りながら、一人一人の障害の種類や程度、能力、適正等を十分に把握する。
A児童の実態をもとに、個別の教育支援計画や指導計画を作成し、個々のニーズに応じたきめ細かい指導に努める。

最初の画面へ