最新情報
平成28年度情報
  1月
■平成30年1月31日(水) 学年通信
 インフルエンザの感染が広がっています。
 本日の感染者(出席停止)は18名であり、今週は急増しています。
インフルエンザを含め体調不良等で学校を欠席している生徒は32名で
あり、明日以降の状況が懸念されます。
 「学級閉鎖」については、学校医の先生とも相談しながら対応を検討していますが、
今のところ実施するには至っていない状況です。しかし、油断はできません。
 感染予防及び早めの医療機関への受診をお願いいたします。

 さて、本日全学年で学年通信2月号を配付しました。
 1年「職業セミナーを終えて」 2年「生き方講話会を聞いて」
3年「三年間の思い出」と題して生徒の感想、思いが綴られています。
私も毎回この部分は特に楽しみにしているところです。
 これらの内容からあらためて感じるところは、
 学校は人とかかわる中から自身を成長させていく場である
ということです。

 ちょうど今、3月に発刊する「明窓」(生徒の1年間の文集、作品等を掲載した
明祥中の学校文集・記録誌)の準備を進めています。
 ここに記載されている生徒の作文等にも、生徒自身が人とかかわる中から
成長していることを読み取ることができます。ぜひ、お手元に届きましたら
ご覧ください。

■平成30年1月30日(火) 食育授業
 1年生が学級活動の時間に食育の授業を行っています。
安城市の栄養教諭の先生とともに「よりよい朝食をとろう」の内容で、
栄養バランスのとれた朝食について学んでいました。
 明祥中学校保健委員会でも、朝食の大切さを訴えています。
様々な機会を通して、朝食の重要性、そして、朝食をはじめとした
生活習慣について、自ら考え、実践できる生徒であってほしいと願っています。
今回の授業内容では、ご家庭での協力も必要となります。
 そこで、授業では「保護者の方へ」というプリントも配付しています。
生徒は自ら工夫できることを中心に学習していますが、この機会に
保護者の皆様も一緒に考えていただければ幸いです。


■平成30年1月29日(月) 2年生き方講話会
 2年生がキャリア教育の一環として「生き方講話会」を開催しました。
 上原前校長先生をお招きして、2年生が将来に向けての生き方を考える機会としました。
上原先生からは、「頑張ってやれること=好きなことを見つける」
「問題意識をもって物事を見る」「命を大切に。自分は支えられてい生きている」等
昨年度からの2年生の成長ぶりや、ご自身の体験をまじえて貴重なお話を伺うことができました。
 最後に、2年生からは上原先生に学年合唱の披露が行われました。
 これまでの2年生の成長をみんなで共有するとともに、今後に向けた頑張りをあらためて確認し合う
素晴らしい時間となりました。





■平成30年1月26日(金) 学校朝会
 校長から以下のような話をしました。(概要)
 ・勉強や部活動を通して、強い心を育てよう。
  「あきらめずに粘り強くやり抜こうとする力」
  「自分の感情をコントロールする力」
  「人と仲良く協力してものごとに取り組もうとする力」
  「先を見通して、計画的に考えていこうとする力」など
 ・次年度の部活動のあり方が変更される(詳細は本日配付プリント参照)。
  この変更を「自分で考えて、強い心と体を育てるチャンス」
 「自分のやりたいことを一層伸ばしていくチャンス」ととらえ頑張ってほしい。
 続いて、校内書き初め大会や「安城市科学賞作品展」
「部活動の大会」等の表彰が行われました(詳細は、後日の学校通信等参照)。



■平成30年1月24日(水) 1年職業セミナー
 1年生が、社会で活躍される6人の講師をお招きして「職業セミナー」を行いました。
今回のセミナーの内容として、教育、IT関連、建築、美容、医療、研究の6つが用意され、
生徒たちは、それぞれ自分の希望に沿って2つのセミナーを受講しました。
「自分の将来を見つめ、自己の夢や志望の実現に向けて意欲的に取り組む態度を養う」
「2年生で行う職場体験学習に向け、働くことの意欲を高める」ことを目的とし、
職業についての価値観ややりがいについてのお話しを聞いたり、体験したりすることができました。
キャリア教育の一環として、自分たちの「生き方」について学ぶ機会となりました。



■平成30年1月22日(月) 2年「生き方講話会」を開催します
 2年生では、総合的な学習や職場体験学習等で自分の将来の「生き方」について
学びを深めています。
 3学期に入り、これまでの活動を振り返るとともに、今後の考えを深めていく
授業として、「生き方講話会」を以下のとおり予定しています。
 ○日時 平成30年1月29日(月) 13:30〜14:20
 ○会場 明祥中体育館
 ○講師 上原前校長(現学校教育課長)

 授業の一環ですので、特別なご案内は出しておりませんが、
もし、関心をもたれた方はご参加いただくことができます。
事前申し込みは不要です。時間までに直接会場にお越しください。
 ご家庭でも、この機会を捉えて「将来の生き方」「どんな大人になりたいのか」
などについて話し合っていただければ幸いです。
■平成30年1月22日(月) 3年「命の授業」
 3年保健体育の授業で「命の授業」を行いました。
助産師さんを講師にお迎えし
「受け継がれ、生まれ、育まれてきた命 〜いのちと性を考える〜」
と題して講演をしていただきました。
 赤ちゃんが生まれる意味とは、そのために今必要な知識は、命とは・・・など、
中学生に分かりやすく教えていただきました。
 「みんなが新しい命を迎える時は、みんなが生まれた時と同じように、
心から「生まれてきてくれてありがとう」という思いで迎えてほしい!」
「将来、みんなが赤ちゃんが欲しい!と思った時に、赤ちゃんを産める
健康な体と心をもってほしい」という講師からのメッセージを、
生徒たちは真剣に受け止め、考えていました。


■平成30年1月19日(金) かがくのひろば
 19日(金)から21日(日)まで、アンフォーレにて
第54回安城市小中学生科学賞作品展「かがくのひろば」が開催されています。
アンフォーレ会場は今年度が初めてです。
明祥中からも25名の優秀作品が展示してあります。

アンフォーレは6月に開館してから、述べ80万人の利用者があったそうです。
年間100万人越えも予想されています。
多様な学び、交流ができる施設です。
機会があれば、ぜひ足を運んでみましょう。

■平成30年1月18日(木) 3年学年末テスト
 3年生は中学校最後の学年末テストを迎えています。
 各教室は、張り詰めた緊張感の中に、問題に集中する3年生の姿を見ることができます。
 自分の力を出し切ることを願っています。
 このテストが終了すると、私学等の入試がいよいよ始まります。


■平成30年1月16日(火) 授業風景
 3年数学「図形の秘密を調べよう」です。
 三平方の定理を使って、三角形の面積を求める学習でした。
 「三平方の定理」は、一つの「知識」ですが、これをどのように
活用するのかが問われています。
 今ある知識を使いながら、新たな問題に真剣に取り組む生徒の姿を見ることができました。
また、3年生は、「みんなで考える」ことの楽しさ、おもしろさを知っています。
一人の「自分の情報」と「友達の情報」をつなげることを楽しみながら追究を深めていく
姿も十分に見ることができました。

 先日の大学入試センター試験地理Bで「ムーミンの舞台」の話題がありました。
アニメ「ムーミン」の舞台がフィンランドであることを知らなくても、問題の中にある情報と
地理で学習してきた知識をつなげ、活用すれば解答に至る設問です。
 知識は、覚えているだけではなく(記憶を再現するだけではなく)、
活用することが重要視されています。
この方向性で新たな大学入試も設計されていくようです。
予定では、今の中学校3年生が大学受験する時から入試が変わるようです。
「知識は活用することで豊かになる」
今持っている知識をどんどん使って、新たな課題に取り組んでいきましょう。


■平成30年1月16日(火) 生徒朝会
 生徒会長のあいさつで、NHK大河ドラマ「西郷どん」の話題がありました。
「敬天愛人」より、「いつも人の立場に立って考え、行動する人になりたい」と
会長は述べました。素敵な言葉を紹介してくれました。
 また、執行部からのお話しで、「健康管理に気をつけ、テストをがんばろう」
とメッセージが伝えられました。
 今日の朝会では、過日行われた百人一首の会の表彰がありました。
個人、学級、団でのそれぞれ表彰が行われました。


■平成30年1月15日(月) 避難訓練
 今年度、3回目の避難訓練です。
 今回の訓練は、実施日時を詳細に予告せずに行われました。
 6時間目が終了し、清掃が始まろうとしているときに、放送で地震発生の知らせが入りました。
 突然の訓練ですので、その場の状況を自分で把握し、
自分で行動を考えて動かなければなりません。
 避難開始から、グランドへの整列・点呼完了までに約5分。
 落ち着いて、冷静に素早く避難の訓練ができました。
 万一の時、「自分で考え、判断する」ことができるようにしていきたいものです。



■平成30年1月12日(金) 3年総合的な学習
 3年の総合的な学習では、地域のことを通して、様々な学習をこれまで行ってきました。
 その一環として、「地域をきれいにして恩返しをしよう〜3年間の集大成〜」として、
通学路等に落ちている空き缶やペットボトルの回収を行いました。
 空き缶等の多さにあらためて驚くとともに、体験的な活動を通して、「私が地域にできること」を
あらためて考える機会となりました。


■平成30年1月11日(木) 百人一首の会
 明祥中が伝統的に行っている百人一首の会が開催されました。
 全校が体育館に集まり、学級を越えたグループで対戦を行いました。
 団対抗でも競い合うことになります。
生徒たちは国語の時間を使って事前学習を重ねてきました。
読み手は、生徒会役員です。冬休み中からCDを聞きながら特訓をしてきました。
 家庭で百人一首を行っている生徒も少なからずいるようです。
 男女もクラスも混じるグループの輪は、一句ごとに笑顔と温かさの空間が広がっていきました。 
みんなで楽しみながら、日本の伝統文化に触れる時間となりました。
 会の様子は、こちらでもご覧になれます

■平成30年1月9日(火)3学期始業式
冬休みを終え、新たな学期を迎えることができました。
 始業式校長式辞では、「未来につなげる」ことをお話ししました。
 その後、学年代表生徒による3学期に向けた決意の発表です。
「行事を頑張る」「先輩を見習い、何事にも全力で取り組む」
「胸をはれる卒業式を」「後輩に引き継ぐ」など、意欲的な内容の
発表を聞くとともに、参加者全員が思いを共有しました。


 始業式の後、校内書き初め会が行われました。
 1年「強い信念」、2年「天地創造」、3年「生命の尊重」
を集中して作品を仕上げました。