児童、保護者、地域、職員が
 『安城中部小を愛し、誇りに思うことのできる学校づくり』
をめざす
児童への行動目標
 『あいさつと歌声の響く学校』
にしよう
ア 
一人一人の児童を見つめ、その良さが伸びる学校づくりに努める。

イ 一人一人の職員が力を発揮し、良さを学び合い、高め合うことのできる学校づくりに努める。

ウ 保護者や地域との相互理解を深め、手を携え合うことのできる学校づくりに努める。

教 育 目 標

豊かな感性を磨き、自主・創造の意気に富む心身ともに健康な児童の育成を図る

<めざす子ども像>

○明るくすなおな子 … 優しい心で助け合い、励まし合う子

○自ら学びとる子 … 筋道を立てて考え、学ぶ子

○元 気 な 子 … 自分からすすんで、心や体をきたえる子

本年度の重点努力目標

ア 人を大切にし、役に立とうとする児童が育つ学校

 @自他の命を大切にする意識づくりに努める。
 A互いのよさを認め合い、安心して生活できる学級づくりに努める。
 B集団の中で自らの力を発揮できる場を保障し、自己有用感を高める教育活動の工夫に努める。
 C学び合いの授業づくりに努める。
 D特別な支援を必要とする児童への適切な指導に努める。
 E朝の読書や読み聞かせにより読書指導を充実し、豊かな情操の育成に努める。
 E学校・家庭・地域ですすんであいさつをしようとする態度の育成に努める。


イ 教育公務員としての使命を自覚し、職員同士が高め合う学校

 @互いの信頼と協業をもとに、支え合い、学び合い、語り合える職員集団づくりに 努める。
 A一人一人の発想や持ち味を生かし、より質の高い教育活動を生み出すことに努める。
 B講師を招くなど校内研修を充実し、授業実践を公開し合い、「授業」で勝負できる教師の育成に努める。
 C危機管理意識を高め、安心・安全な学校づくりを推進する。


ウ 保護者や地域から信頼される学校

 @保護者や地域の方々、各種の学校支援ボランティアの方々との積極的な行動連携を図り、子どもたちが安全で安心して生活できる学校づくりに努める。
 Aいじめ・不登校、問題行動の未然防止と早期発見・早期対応に努める。
 B保護者や地域の方々に学校や子どもの様子を積極的に公開するとともに、学校・学年便り、ホームページ等で情報を発信する。
 C学校教育診断アンケートを実施し、学校経営改善に努める。




経 営 方 針